• 保険ホスピタルとは
  • 保険の処方箋
  • 保険相談のご案内
  • 法人向保険のご提案
  • 会社案内

奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!?

奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!? 奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!?

奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!?

2017.07.26生命保険

奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!?

大学や専門学校へ進学するのに、奨学金制度を利用する家庭が
増えてきています。JASSO(日本学生支援機構)における
2015年度の貸与実績によると、同機構の奨学金を利用している
大学生は全体の38.2%と、年々上昇傾向にあります。

 

不景気などで、世帯収入と学費のバランスが崩れてしまっている
ためか、奨学金の利用がどんどん一般化しています。

しかし、奨学金というのは名前の聞こえは良いですが、あくまでも
それは「借金」であるという事を胸に刻んでおかなければなりません。

 

国や民間の「教育ローン」と違うのは、金利が安いのと、借り入れと
返済を行うのが親ではなく子ども(奨学生)本人であるということです。

いくら「安く借りれた」といっても、「借金」には変わりないので、
利用した時点で「返済の義務」は発生しているのです。

 

万が一、返済が滞ってしまった場合、滞納分の金額に利子がかかったり、
ブラックリストに乗ってしまったりと、お金だけではなく本人の信用にも
大きな傷を作ることとなるのです。

 

もしブラックリストに登録されると、登録後5年間は住宅ローンやクレジット
カードなどの新規申し込みや、分割払いの審査が通らなくなります。

これからさまざまな経験を重ね、自分の道を歩んでいける20代にとっ
て信用がなくなる
5年間は、あまりに勿体ないものになってしまいます。

 

本当に奨学金が必要なのか?親がいくら出資できるのか?

奨学金を利用する前に、より具体的に検討してみることをおすすめします。

 

また、子どもが大学に行くことを前提にして、子どもが小さいうちに
保険会社などの学資保険に入っておくなど、早いうちに準備しておくと
将来的に安心なのではないでしょうか。

奨学金を滞納したら、どうなってしまうの!?

【引用先】

・PRESIDENT(プレジデント)2017.3.6号

  <奨学金を滞納したらどうなる?>

一覧を見る